会社設立に必要な知識

会社設立と労務手続きについて

労務手続きについて
個人事業主などの人が、会社設立を行い税金対策などで会社の規模を大きくする場合などでは、社員を雇用する事になります。
また、1人で会社設立をして会社を切り盛りしていても、仕事の量が多くなる事で社員を雇用する必要性も出てくるわけです。
社員を雇用する場合は、労務手続きという処理を行う必要が有ります。
労務手続きは、会社設立を行う際には必要有りませんが、社員を雇用する際には必須となります。

社員を雇用する場合には社会保険、労災保険、雇用保険と言った労務関係の手続きをしなければなりません。
社会保険は、健康保険や厚生年金保険といった保険に加入をしなければなりません。
但し、社会保険は、社員が居ない会社であっても加入をしなければなりませんので、会社設立を行う事で手続きが必要になるわけです。

因みに健康保険というのは、業種や業界によって幾つかの種類が有ります。
また、加入条件などが有りますので、健康保険組合の事務局などに問い合わせるなど、確認が必要となります。

会社設立時に法務局へ提出する必要書類

法務局への提出書類

会社設立のために必要な書類にはいくつかありますが、まずは定款が必要になります。定款とは会社組織や運営、株主の地位などを定めた会社の基本規則のことで、どの会社にもあります。この定款を3部作成して公証人の認証を受ける必要があります。一つは会社保管用、一つは公証役場の保管用、一つは法務局への提出用です。これが第一の必要書類です。
次に必要な書類は印鑑届出書です。個人の印鑑証明と同じように会社設立する場合には会社の届出印も必要になります。そのための申請書類も法務局へ提出する必要書類です。
そして会社設立登記をするための設立登記必要書類を法務局に提出します。登記する事項は定められていますのでそれを専用のOCR用紙に書き写すだけで作成することが出来ます。これを出して受理された日が会社の設立日となるわけです。自分の誕生日など特別な日を会社設立の日としたい場合には、時間を逆算して調整する必要がありますので覚えておく必要があります。

会社設立代行サービスを利用

会社設立の代行を知る

東京で株式会社設立をお考えの方は、東京の会社設立代行サービスを利用されてはどうですか。なにかと時間のかかる書類作成や手続きをすべて専門家にお任せできます。会社設立する際には定款認証手数料5万円や定款に添付する印紙代4万円、登記申請費用15万円などいろいろな実費費用をお支払いすることになります。
東京の会社設立代行サービスでは電子定款に対応していますので会社設立に必要な4万円の印紙代は0円です。ご自身で手続きできる方もお任せされると実費費用を削減する事が出来ます。できるだけ節約したいなら、電子証明書を取得している事務所を選びましょう。個人事業主から会社になれば信用力が向上するために取引先や顧客の幅が広がり、競争力アップや業績アップが期待できます。金融機関からの融資も受けられやすくなります。人材を確保したいときも株式会社であるというアピールもできます。事業が軌道に乗ってきて順調に利益が上がってきたら、会社設立すると良いですね。